【智光山公園こども動物園】 緑あふれる環境にぎゅっとつまった可愛さ!

「智光山公園こども動物園」は埼玉県狭山市にある、自然あふれる狭山市立智光山公園の真ん中にある、広さ3.3ヘクタールの動物園です。展示動物は70種類で、特に鳥類は40種類以上と力が入っています。

1986年に開園して以来、子供が楽しめる小動物とのふれあいと、身近な動物の展示に力を入れていて、子供たちが身近な自然を意識するのにぴったりのコンテンツがコンパクトにまとまった施設です。

西武新宿線狭山市駅からは直通バスが。車でも圏央道の狭山・日高インターチェンジから10分程度の距離で、駐車場もたくさんあり、アクセスも良い環境になっています。

コンセプトが身近な動物とふれあいとなっているので、図鑑や本よりも生活の中で、どこかで見たことがあったり名前を聞いたことがある動物の展示が主です。

シーズンになると公園内で繁殖した蛍の放流や鑑賞会などのイベントが催され。ふれあいコーナーではテンジクネズミやミドリガメ。ひよこやうさぎを抱っこできたり、猿山や鳥たちに餌をあげられるコーナーもあり、動物との触れ合いを楽しむことができます。

公園内にはキャンプ場やバラ園。森林浴を楽しめる散歩道やテニスコートなどもあり、大人も子供も楽しい時間を過ごせる環境が整っています。

ちびっこも自分の足で全部の動物が見られます!

自然公園の中という立地だけにちょっと起伏が多いところもありますが、それぞれの動物の展示スペースが程よい距離なので、幼稚園の年小さんでも自分の足であるいて全部の動物を見られます。

子供たちが走り回っても大丈夫な十分なスペースと、落ち着いた展示。あっちをきょろきょろ。こっちにとことこ。好奇心旺盛に動き回っても、安心してみていられる環境です。

小動物とのふれあい体験や餌やり。展示物のパネルも可愛らしくて、大人も子供も疲れを感じることなく、程よいお散歩を楽しめるところも魅力的!

自分の足で歩いて、見たいものを見る。知的好奇心を満足させてくれて、体を動かすことにもつながる。子供も大人も楽しめる穏やかなところがなんといっても大好きです!

なんといっても充実のふれあいコーナー!

身近な動物との触れ合いがコンセプトの動物園だけに、毎日行われているふれあいコーナー(しかも、予約も追加料金もなし!)での動物抱っこ体験に子供たちは大興奮!

テンジクネズミやクサガメ。ひよこにうさぎを抱っこできるのはもちろん。やぎやひつじのブラッシングなど、ちょっと大きな動物とも触れ合うことができちゃいます。

展示動物のすぐ近くには餌やり体験用の自動販売機もあって、思わずたくさん買って餌やり体験する人も多いみたいです。

乗馬体験コーナーではポニーに乗ることができますが、こちらは小学生まで。でも、馬もすごく近い距離で見られて、鼻の穴の大きさにちょっぴりドキドキしたりできます。

どのコーナーも、子供が入りやすいように整備されているので、お父さんお母さんも安心して過ごせるところが素敵です!

楽しい行動展示がどんどん増えています!

どうしてネズミは列を作って移動するんだろう?コツメカワウソって水の中ではどんな風に泳いでるの?テレビでヤギが高いところを歩いてるのを見たけど、あんなこと本当にできるのかな?

そんな、ちょっとした疑問に答えてくれる、楽しい行動展示が少しずつ増えています。

ふれあいコーナーで抱っこしたテンジクネズミ達が、きれいに並んで一本橋を渡ってお家に帰っていく様子の可愛らしさ!

その様子を飼育員さんが動物の習性を説明しながら実況してくれるんですが、抱っこ体験とセットで鑑賞すると、体験と知識がかちっと結びついて、楽しさ倍増です。

アクリルでできたコツメカワウソの水槽は泳いでいるところをじっくり見られますし、シーズンによっては温泉に入るカピバラを見ることもできます。

本当は岩場やがけに住んでいることが多い。でも、動物園で平地に慣れて、すっかり高いところが苦手になったヤギさんたちに野生を取り戻してもらおうと、高さ2メートルの橋を渡る練習している様子は、飼育員さんとのセットで頑張る健気さには、ちょっぴりじーんとしちゃうんです!

智光山公園こども動物園
●住所:埼玉県狭山市柏原864-1
●電話番号:04-2953-9779
●ホームページURL:http://www.parks.or.jp/chikozan/zoo/

スポンサーリンク