【遊亀公園動物園】 小さいお子様連れのお出かけにぴったりの、可愛らしい動物園

山梨県甲府市の中心にある動物園で、その設立は大正8年と、日本で4番目に古い、歴史のある動物園です。

街の中にあるとはいっても、動物の種類はモルモットやうさぎなどの小動物だけでなく、ライオンやトラといった大型のものや、ペンギンやフラミンゴなどの鳥類、亀や蛇などのは虫類まで、豊富に展示されています。その数は50種類、約300点だそうです。

敷地面積は約14000㎡と、それほど広くありませんが、コンパクトにまとまっているため、スムーズに見て回ることができます。小さいお子様連れはもちろん、ご高齢の方でも安心です。

アクセスについては、電車での場合は甲府駅からバスで1本ですし、車での場合も、甲府南インターから甲府駅方面へ約10分で着きます。駐車場も2カ所用意されており、140台駐車可能です。

そして何より驚きなのが、入園料。個人では大人300円、子どもはなんと30円で入れます。何てお財布に優しいのでしょう。

園内には小さな遊園地もあります。さらに、動物園の敷地の外には、大きな噴水や、芝生、子どもたちが楽しめる遊具が一角に置いてあるので、のんびりデートに使うもよし、子どもと思いっきり遊びに行くもよし、休日のおでかけにもってこいのスポットです。

動物たちとも触れ合える、昔ながらの動物園

日本で4番目に古い動物園というだけあって、園内はどこか懐かしい雰囲気に包まれています。

なによりも動物たちとの距離が近いです。

まず一番始めに目に入るのが、入ってすぐ正面にいるアジアゾウ。とても大きくて驚きますが、ときどきダンスのようなステップを踏んで、来園者を歓迎しているかのように見えます。

園内中央にあるふれあい広場では、毎日、モルモットとのふれあいタイム、ヤギの餌やり体験が設けられています。また、日曜日にはポニーの餌やりも体験できます。

そして、動物園で人気者のレッサーパンダの展示は、ガラスや檻などのしきりがないので、間近で見ることが出来るのがとてもオススメです。

最も奥にいるマレーグマ、トラ、ライオンの3匹の迫力も圧巻です。が、あまり近づきすぎると、おしっこをかけられることもあるそうなので要注意です。

ところどころに置かれたクイズや豆知識

園内の至る所に、展示されている動物たちに関するクイズや、雑学などが貼り出されています。

それも、いかにも手作り!といった雰囲気たっぷりの、可愛らしいものばかり。

内容も難しいことはなく、普段動物をみているときに、誰もが抱くであろう疑問に対する答えや、意外な生態など、とても興味深いものになっています。

わかりやすくイラストを添えてあったり、ヤマアラシのトゲなんかは実物が一緒に展示されていたりと、読んでいる人を飽きさせない工夫が感じられます。

大人が楽しめるのはもちろんのこと、子どもにとっても、動物を見るだけでは分からないことを、こうした工夫の中から知っていくことで忘れられない思い出の一つになるかと思います。

レトロ感たっぷり、小型でも大満足の遊園地

動物園の最も奥にいるライオンたちの、さらに奥に進むと、そこにはなんともレトロな雰囲気の漂う小さな遊園地があります。

一言で表わすなら、昭和のデパートの屋上、といったところでしょうか。

お金を入れると動き出すパトカーや、小さなメリーゴーランドに、ゴーカートなど、小さな敷地の中にたくさんの乗り物やゲームが、所狭しと詰め込まれています。

一番の目玉は、遊園地の中をぐるりと一周する汽車です。お子様サイズですが、大人ももちろん乗ることが出来ます。途中には踏切もついていて、電車が好きな子どもにはたまらない仕様です。

そして忘れてはならないのが、遊園地の中にある動物の足跡です。これを追いかけて行くと、最後に意外な動物に会うことが出来ますよ。

遊亀公園動物園
●住所:山梨県甲府市太田町10番1号
●電話番号:055-233-3875
●ホームページURL:https://www.city.kofu.yamanashi.jp/zoo/

スポンサーリンク