【板橋区立こども動物園】 モルモットやポニーとの触れ合い体験

「板橋区立こども動物園」では、ニホンジカ、ヒツジ、ヤギ、ポニー、ウサギ、モルモット、フラミンゴ、クジャクがいます。

動物園は公園の一角にあり、決して大きな規模ではありませんが、子供たちが動物たちと自由に触れ合うことができるのが特徴です。

ポニーの体験乗馬があり、満3歳から小学6年生までのお子様は、施設の方の付き添いのもと無料で体験乗馬をすることができます。

また、保護者の方とお子様と一緒にポニーがひく馬車に乗車することができます。お子様は小学6年生までになり、乗馬を実施する日が事前に決まっている為、HPで確認するか直接公園までお問い合わせの上、当日申し込まれることをお勧めします。

さらにモルモットと触れ合うことができるコーナーもあり、一日に2回、午前10時~11時30分と午後1時30分~3時30分の間で子供たちがモルモットを抱っこすることができます。雨天の際には中止になるので、ぜひお天気の日にお出掛下さい。また、放し飼いにしているヤギとヒツジにエサをあげることもできます。こちらは各回40名様限定になりますので、早めに受付をされることをお勧めします。エサをやる時間は午前11時30分(10時~11時20分まで受付) と午後3時30分(2時~3時20分まで受付)の2回になります。

親子でいっしょに乗車できるポニーの馬車

一番のお勧めポイントは、何と言っても、「親子で一緒に体験できるポニーの馬車」になります。これまで何度もいろいろな動物園に遊びに行きましたが、乗馬や馬車と言ったアクティビティを見つけたことが一度もありませんでした。しかし、こちらでは無料で親子で一緒に馬車に乗ることが可能です。実施している日程には限りがありますが、事前に調べておけば、日頃は体験できない貴重な経験ができること、間違いなしです。身近に馬を見る機会もめったにないので、お子様にとっても刺激的な体験になると思います。施設の方も丁寧に対応して下さるので安心して体験できるのも嬉しい点です。

馬車の受付時間は一日に2回あるので、HP等で確認をして体験されることをお勧めします。

たくさんの種類のモルモットとの触れ合いコーナー

2番目のお勧めポイントはモルモットとの触れ合いコーナーになります。こちらの触れ合いコーナーを利用する際には、ベンチにまず子供が先に着席し、施設にある膝かけを貸してもらいます。その後、係の方がモルモットをそっと膝の上に置いてくれる為、初めて触れ合う場合でも緊張することなく接することができる工夫がされています。ベンチの数はそれほど多くないのですが、係の方が側にいながら、子供たちが触れあう様子を見てくれるのが安心です。モルモットの数も多く、写真と名前が施設内に大きく張り出されているので、子供も触れ合いながら愛着感を持って接することができます。ウサギは抱っこすることはできないのですが、柵のない環境で飼われている為、より近い距離で観察できます。

施設の規模は小さいが、子供は十分満足できます

都内にある他の動物園に比べると、小さな動物園になりますが、子供にとっては十分楽しめる動物園になっています。公園の一角に位置していることもあり、身体を動かして遊びながら、動物にも触れ合うことができるといったのが嬉しいポイントです。また、休日に利用してもそれほど混雑していることがないので、あまり並ぶこともなくヤギやヒツジのエサやりや、モルモットの触れ合い経験を体験できるのが嬉しいです。また木も生茂っている公園の為、お天気の日でも直射日光があたりすぎる心配もありません。日陰に入れて涼しく過ごすこともできるので、夏場の暑い季節にも利用できます。動物園の入り口と出口に水道もある為、触れ合った後の手洗いもしっかり行うことができ、子供も安心して楽しむことができます。

板橋区立こども動物園
●住所:東京都板橋区板橋3-50-1(東板橋公園内)
●電話番号:03-3963-8003
●ホームページURL:http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/000/000168.html

スポンサーリンク