【盛岡市動物公園】 遊具のある楽しい広場や動物とのふれあいが楽しめます

スポンサーリンク


「盛岡市動物公園」は広い敷地内で約100種類700頭羽の動物たちが飼育されています。小さなお子さんも動物にふれあえるこどもどうぶつえんもあり、ウサギやモルモットなどを抱っこしてふれあうことができます。また、週末にはやぎのえさやりやおめん作りなどのワークショップ体験も楽しめます。少し大きなお子さんはアニマルライドコーナーでポニーの乗馬なども体験できます。子供たちに人気なのは、動物へのえさやり体験です。えさを持った飼育員さんがふらっとあらわれて動物へのえさのあげ方を教えてくれ実際にえさをあげることができます。ゾウなど大型動物へは長い竿のようなものを使って直接えさをあげることができます。特に時間が決まっているようではないので、えさを持った飼育員さんを発見できたらラッキーです。敷地内には芝生の広場やアスレチック広場もあり動物をみるだけでなく体を動かして楽しむこともできます。疲れた時には、レストハウスや売店で休憩したり動物資料館で動物についての学ぶのもおすすめです。場所はJR盛岡駅から岩手県交通バス動物公園行きまたは新庄墓園行きに乗り約40分、車では東北自動車道盛岡ICから約30分と盛岡中心部からも近くお手軽なレジャースポットです。

林や草地、水辺などでの虫取りをしよう!

盛岡市動物公園内には林や草地、水辺など様々な自然環境があり多種多様な昆虫たちが生息しています。そんな虫たちに興味がもてるように夏と秋に小中学生を対象にした昆虫採集大会やホタルのあかりを楽しむホタルの夕べ、昆虫展などなどたくさんのイベントが開催されています。虫取り網も無料で貸出し、虫の名前や取り方がわかるテキストも無料で配布しているので実際に虫に触れることもできます。季節ごとの虫に関するイベントが充実しているので、子供たちが虫で季節を感じることができるのはとても魅力的です。最近では虫に触れない子供が増えているようですが虫に触れる機会を作ることで虫は決して怖くないことを教えてあげられるのは素晴らしいと思います。

種類が豊富な動物公園オリジナルグッズ

出かけた先で購入したくなるのがお土産だと思います。盛岡市動物公園には、ここでしか買えないオリジナルグッズがたくさんあります。まずはTシャツ。シマウマ、ゾウなどがプリントされたTシャツで6種類あります。よくお土産のTシャツにありがちな普段着ることができない色やプリントのものではなく、普段でもおしゃれに着ることができる落ち着いた色合いと主張しすぎない動物のプリントです。次はトートバック。カーキ色のトートバックにゾウのプリントがしてあります。生地も丈夫そうで普段使いができるバックです。そして、白地の布にトートバックと同じゾウのプリントがしてあるランチバッグ。ランチバックとしてももちろん使えますが、ちょっとしたお出かけなどで使えるような鞄です。他にもマグカップ、キャップ、ハンドタオルがあり自分で使うのもお友達にあげても喜ばれそうです。

みんなが楽しめる工夫! 坂道シャトルカー!

広い動物公園内で疲れて歩けなくなったらどうしようかと悩まなくても大丈夫です。なんと坂道シャトルカーが朝10時から閉演時間まで無料で運行しています。具合の悪くなった方、お年寄り、妊婦さん、小さなお子様連れの方などが優先ですが、基本的に誰でも利用することができます。園内3ヵ所にある停留所で待つか、手をあげて合図すると止まってくれるそうです。停留所だけでなく手をあげて止まってくれるなんて盛岡人の優しさがにじみ出ています。実際、動物公園の端から端まで歩いて見学するのは若い方でも大変だと思います。この坂道シャトルカーがあれば家族3世代で遊びにきても安心して遊ぶことができます。せっかくの動物公園ですからみんなで楽しみたいですね。

盛岡市動物公園
●住所:岩手県盛岡市新庄字下八木田60-18
●電話番号:019-654-8266
●ホームページURL:http://moriokazoo.org/

スポンサーリンク