【浜松市動物園】 子供からシニアまで何世代にも渡って愛され続けています

「浜松市動物園」は温泉で有名な浜松市西区舘山寺にある市営動物園です。

隣には浜松フラワーパークやパルパルという遊園地もあり、非常に立地に恵まれています。

入場料も大人400円、小学生以下は無料と安く、また駐車場代も普通車200円とお財布に優しいです。

動物の種類はとても多い!とは言えませんが、ゾウ、キリン、ライオン、トラなどのメジャーな動物はちゃんと揃っています。

また、日本では浜松市動物園だけでしか飼育されていないゴールデンライオンタマリンがいます。

勾配がありますが、すべての道にスロープがあるので、子供からシニア世代までそろって楽しめる配慮がされています。

自動販売機やベンチもたくさん設置されています。

子供の遊ぶ木製遊具もあり、動物園に飽きたとしても、そこで子供たちが遊ぶことができます。

2014年、園内に「浜松市動物愛護教育センター」がオープンしました。

市内にあった保健所を移転させたもので、動物園の中に保健所があるということはとても珍しいです。

動物を愛らしいと思う気持ちと同時に、世の中に殺処分されてしまう命があるということを知ってもらい、1匹でも多くの命を助けることが目的だそうです。

市営ではありますが、各所にお客さんを楽しませる工夫が施されており、訪れた人の満足度が非常に高い動物園となっております。

日本でここだけ! ゴールデンライオンタマリン

ゴールデンライオンタマリンとは、ブラジルの熱帯雨林に生息する小型のサルです。体長は34~40cm、体重は600g~700gで、金色にフサフサと輝く毛が特徴的です。

2016年春現在、浜松市動物園には4頭のゴールデンライオンタマリンが飼育されており、元気な姿を見せてくれています。

故郷のブラジルでは森林伐採と乱獲によって世界絶滅危惧種に指定されており、世界的にその飼育が厳格に管理されているため、日本では浜松市動物園でしか会うことができない、貴重な動物です。

ゴールデンライオンタマリンの展示場所の向かいには、ゴールデンライオンタマリンの顔出しパネルが設置されてます。

浜松市動物園に来園した記念として写真を撮る方も多いです。

いつでも自由に触れる! ふれあい広場で遊ぼう

園のちょうど中間くらいに位置するふれあい広場。ここでは放し飼いになっているヤギやヒツジたちに触れることができます。

土日祝はウサギとのふれあいイベントもあり、非常に人気となっています。

ヤギやヒツジはそこらじゅうにいるので、触ってみたい子に近づいて触って良いのですが、

その子によって気性が違うので、気を付けて触ってください。

個人的にヤギのオスは気性が荒いような気がしました。

ヒツジの毛はふんわりしているかと思いきや実は・・・とか、ヤギの目とヒツジの目って同じ気がしてたけど・・・などなど、

普段はなかなか触る機会のない動物ですので、思い切って触ってみてください。

出入口には消毒用マット、手洗い場も完備されてます。

園内の各所に飽きない工夫がいっぱい!

浜松市動物園を歩いてみていつも目に留まるのが、飼育員さん達の手作りした看板やポスターなどの展示物です。

子供達が興味を引くように、木のフタに問題が書いてあって、それをめくると答えが出てくる仕掛けがあったり。

字の読めない子供たちはただ開け閉めして遊んでいるだけですが、小学生になれば動物の知識としてきちんと読んでくれます。

その他、園内にこれでもかとある顔出しパネル!本当に種類が豊富です。

市内のデザイン系の学生さんが作成したものらしく、どれも色彩豊かで、ユーモアたっぷりの顔出しパネルばかりで、ご家族で楽しそうに写真を撮っている姿をよく見ます。

園内のいたるところにあるので、全部制覇してみるのも面白いですね。

浜松市動物園
●住所:浜松市西区舘山寺町199
●電話番号:053-487-1122
●ホームページURL:http://www.hamazoo.net/

スポンサーリンク