【市川市動植物園】 カワイイ小動物とふれあえる!楽しめる!

千葉県市川市北部に位置し、アクセスはJR武蔵野線 市川大野駅・JR総武線 本八幡駅より動植物園行に乗車(終点まで)。また、土日祝のみの運行の便もあるため事前に要確認。 車両で来られる方は、駐車場 500台収容 1日あたり500円となります。 また、ナビでも道が細かく分かりにくい方は、場所目標として 市川霊園を目標にして頂けるともう、目と鼻の先です。

開園時間は、動物園が9:00~16:30 (最終入園16:00まで)、植物園 9:00~17:00 いずれも休園日は、毎週月曜日・年末年始となりますので、予めご注意下さい。

また、動物園・植物園と入園時間が異なりますので、そちらもご注意下さい。

施設内にて動物園と自然観察園・バラ園と併設されておりますので、一日中見て回れる内容になります。

動物たちは、 哺乳類 27種、鳥類 26種、爬虫類 5種の計58種 420点と豊富であり、また一部の小動物をメインとしふれあう事が、可能です。

施設内容としては、ベビーカーの貸し出し・授乳室・救護施設・食堂(レストハウス2階)・ミニてつどうと各種充実しており、小さなお子様がおられる方も不備なく快適に楽しめると思います。

小動物たちとふれあえる「なかよし広場」

同動物園のメインと言っても過言ではない、ウサギやモルモット・ミニブタ・ヤギ等小動物たちと身近にふれあえる広場です。

開園中は、終始出入り可能となっており、午前中も楽しんで、午後もふれあってと飽きが来ず一日中、子供たちも楽しめます。

私自身も子供たちを連れて行った時は、可愛い白うさぎが居まして、ずーっと戯れていましたので、しばらく広場から出られなかった記憶があります。

また、親御さんたちは、同所から目と鼻の先にレストハウスがあり、中にはレストラン・売店が所在しますので、お昼を食べながらゆっくり見ているって言う形でも楽しめるのではと思います。

と言うわけで、こちらのなかよし広場は、是非ともオススメします。

珍しいエサやり体験「コツメカワウソ」

ちょっと物珍しいコツメカワウソのエサやり体験コーナーです。

普通は、馬やヤギと言ったところでしょうか。しかし、このカワウソたちがそれはそれは、可愛い子たちのです。

飼育小屋に約10匹程度(私が見た時)おりまして、手で届く位置に透明のプラスチックの筒があります。そちらにスタッフより、手渡されたエサを与えると言ったシステムです。エサを見つけてからの、カワウソたちのチョコチョコした、機敏な動きがたまりませんね。

子はもとより、周囲の我々親御さんも夢中になる程でした。 もちろん、エサ代なんて掛かりませんので、ご安心を。

同所は、サル山の向かい側、記念撮影用ボードの脇あたりに所在します。

こちらも、親も子供たちと同じように一緒になって楽しめるコーナーです。

子供たちのちょっと一息の旅 ミニてつ広場

さて、まだまだ動物たちと遊びたい気持ちもありますが、子供たちも気分転換が必要ですし、親御さんも一息休憩タイムです。

同所は、動物園の終盤(コース順序)に差し掛かる、レッサーパンダ小屋の向かい側に位置します。

その広場一帯を1週すると言うもので、料金は1歳以上 100円とリーズナブルな設定です。

また運行時間は、9:45~11:45、12:45~16:00までの運行ですので、発車時刻にご注意下さい。

園内を駆け巡る車両には、E5系ハヤブサ・N700系と言った人気車両があり、子供たちの気分もウキウキワクワクになると思います。

動物園に来たのに、ちょっとした遊園地気分が味わえる、ちょっと一息の旅オススメコーナーです。

市川市動植物園
●住所:千葉県市川市大町284番地
●電話番号:047-338-1960(動物園) 047-339-4411(観賞植物園)
●ホームページURL:http://www.city.ichikawa.lg.jp/zoo/index.html

スポンサーリンク