【千歳サケのふるさと館】 北海道観光で訪れたい、隠れたスポット

千歳サケのふるさと館は、とにかく北海道のサケに特化した水族館で、“泳いでいるサケをじっくり見ることが出来る”という点では、一般向けの施設としては全国でも珍しい施設です。大きな水槽で群れをなして泳いでいるサケの姿は大変美しく、サケの仲間のほかに、北海道の一般的な淡水魚が沢山います。つまり、デフォルメされた姿ではない、まったく自然な形での「北海道の川や湖の内部」を、切り取って垣間見ることができるようにしてある施設なのです。北海道の川底にいるエビや、ナマズなどの姿が、気取らず親しみやすい仕方で、とても美しく展示されています。「千歳川水槽」には、一般的に北海道の人が釣りの際に楽しむような、地元の人にはなじみ深い種類が集められ、観光客の人にお勧めの、隠れた穴場とも言えるかもしれません。マスのアルビノ種(色素が入っていない、真っ白な珍しい種類)や、アムールチョウザメなど、珍しい種類のチョウザメも見ることができます。

サケのふるさと館に隣接の「インディアン水車」は、明治時代より北海道のサケの孵化事業の歴史を示す捕魚車です。現代ではインディアン水車は千歳市内のランドマークまた観光スポットとなっています。

調理される前の“泳ぐ鮭”が見られる珍しいスポット?

サケはなじみ深い魚ですが、泳いでいる姿をじかに見たことのある人は漁師さん以外でどれほどいるでしょうか。サケは生きている状態で川の中を泳ぐとき、光に反射する鱗(うろこ)のとても美しい魚です。その輝く体皮をもつ鮭の、群泳するときの様子は、見てみなければ素晴らしさがわからないような、迫力ある光景です。また、北海道の淡水魚の美しさが出来るだけリアルに切り取られていて、サケがどのような環境の中で遡上し、子供を残し、そして私たちの食卓を彩ってくれているかがわかる、大変珍しい施設です。地元の子供たちも学校の行事などで来館し、自然の恵みに感謝することの大切さを教えられています。来館の際には、ぜひ、ゆっくりとサケの群泳をみてみましょう。

見てみよう! 熱帯魚とはまた違う“北国の”淡水魚

千歳サケのふるさと館では、サケ以外にも、いろいろな種類の北海道の淡水魚を見ることができます。それも、できるだけ自然な状態で展示されています。川エビやナマズ、その他の北海道の川に生息するいろいろな仲間達は、北海道の雄大な自然を感じさせてくれます。一見すると派手に見えないような小さな生き物も、目を近づけてよく見ると、とても表情が豊かで、当たり前の自然の中にある、知らなかったような発見に出会うことができます。サケのふるさと館は観光客向けのど派手なショーなどに頼ることなく、あくまでも北海道の水棲を切り取った姿を展示してあるという点では、非常に珍しい施設と言えるかもしれません。北国で釣りをするとき、どんな魚を釣っている人が多いか、一目で知ることもできるので、釣り好きな人にはたまらない施設かもしれません。

ぜひお子様と一緒に! 楽しいイベントもあり!

千歳サケのふるさと館ではシーズンによってさまざまなイベントが開催されています。地元で有名なサケの稚魚の放流会は、記念グッズももらえるので、子供たちに人気があるようです。そのほかにも、北海道の写真家の作品がいろいろと展示されたり、四季をとおして北海道の別な生き物がやって来ることもあります。魚類だけではなく、両生類や、水中で生きることのできる昆虫が展示されるイベントもあります。お子様と一緒に来館されるなら、ぜひお目当てのイベントを、公式のホームページなどで事前に調べてからの来館をおすすめします。また、「世界の淡水魚コーナーにウーパールーパーが加わる」など、新しく生き物が増える際にも、ホームページ上で紹介されることがあります。ぜひ見てみましょう。

千歳サケのふるさと館
●住所:北海道千歳市花園2丁目312
●電話番号:0123-42-3001
●ホームページURL:http://chitose-aq.jp/

スポンサーリンク