イルカのジャンプ、アシカの可愛い芸を見るなら【マリンワールド】

マリンワールド海の中道は福岡県福岡市東区西戸崎にある九州で最も大きな巨大総合水族館です。国営の海ノ中道海浜公園と隣接し、周囲を海と公園に囲まれており自然豊かな環境にあります。公共交通機関を使えば、JR香椎線海ノ中道駅より徒歩約5分、車では都市高速1号線香椎浜ランプより約15分ほどで到着します。駅から広い広い海ノ中道公園を通り歩くと道幅の広い歩道の先に巨大な建物が見えてきます。

マリンワールド海ノ中道は「対馬暖流」を展示テーマにしており、寒帯の魚350種2万点の海の生き物の暮らしぶりを、映像、音響機器、水中カメラなど様々な展示方法を用いて楽しませてくれます。また、館内には魚の他に、イルカ、ゴマフアザラシ、ラッコ、ウミガメなども展示されており、子供達に人気があります。1500人を収容でき、イルカジャンプなどのショーをみることができるショープール、全長3メートルのサメや巨大なシロワニ、2万匹ものイワシの大群などが目の前に広がる世界最大級のパノラマ大水槽、カラフルな熱帯魚を下から見ることができるトンネル水槽などがあります。水槽周辺の館内は暗くなっており、ライトアップされた水槽内を泳ぐ様々な魚達の姿が来館者を楽しませてくれます。

イルカとアシカの可愛らしいショーは必見です

イルカやアシカショーは2、3階に位置しており、ショープールの前は観覧席になっています。プールすぐ近くの観覧席に座るとイルカとアシカ、トレーナーの競演するステージはより大迫力です。時折水しぶきがかかります。目の前をイルカが猛スピードで泳ぐ姿だけでも思わず声を上げてしまうのですが、大ジャンプが成功するたびにあちらこちらで歓声が上がります。トレーナーの言うことをしっかり聞いているような様子で水面から頭だけをちょんと出したイルカの姿は可愛らしいです。うなづいているように見えます。アシカのショーではトレーナーさんの作った面白いストーリーに沿って話が展開するため、子供たちもアシカのおどけぶりに大笑いでした。

大水槽、大迫力のサメと幻想的なイワシの大群

館内エレベーターを降りるとそこが「パノラマ大水槽」です。幅24メートル、奥行き10メートル、深水7メートルの大水槽は周囲の照明を落とし、魚たちだけがライトアップされ幻想的です。水槽内の海流のような流れの中を多くの魚たちが泳ぐ姿はキラキラと輝いており、目は釘付けになります。パノラマ大水槽の大人気のショーは約15分間の「イワシタイフーン」です。イワシの大群にダイバーが餌付けをし、イワシたちがまるで渦巻きのようにダイバーを取り囲む姿はどこか別世界のようです。また、大きなシロワニが何匹も入っていて、イワシたちの群れをかき分ける姿は迫力があります。約50尾の大きなサメたちの迫力にも目を奪われてしまいます。

探検ビーチは本物の生き物に触ってみよう

子供達に人気なのはヒトデやウニなど本物の海の生き物を触れるコーナー、展示水槽「探検ビーチ」です。水槽内に多数いるヒトデを観察して、触れて、最終的には掴み持ち上げる子供達が大勢はしゃいでいる姿が見られます。館内を見て回るだけに少し飽きてしまった子供達は、水槽の端から端まで全ての磯の生き物を触ろうと競り合って覗き込んでいます。袖口や裾を水で濡らしてしまう子も多数発見しました。子供達が落ち込まないかとヒヤヒヤ注意しながら、そっと大人達も指先に触れて楽しんでいます。きちんと手を洗う場所もあるので安心です。展示する磯の生き物は季節により変わることがあるそうです。毎回違った生物に触れることができるかもしれません。

マリンワールド海の中道
●住所:福岡県福岡市東区西戸崎18?28
●電話番号:092-603-0400
●ホームページURL:http://www.marine-world.co.jp/

スポンサーリンク