【魚津水族館】は日本最古の水族館! 富山を堪能!

スポンサーリンク


「魚津水族館」こと通称「うおすい」は、近年北陸新幹線が開通した富山県の魚津市にあり、現存する日本最古の水族館です。

おでかけ大好き

引用元:富山観光ナビ

1913年(大正2年)に富山県が開催した「一府八県連合共進会」の第二会場として初代魚津水族館が建設されたのが始まりです。当時、日本海側では初めての水族館でした。その後2度は閉館したものの100年の時を経て、現在も地元に根付いた水族館として愛され続けています。

1981年(昭和56年)に3代目魚津水族館が誕生した際には、日本で初めて全面アクリル製トンネルを設置しました。現在こちらは富山湾の主な大型魚の展示が行われている富山湾大水槽の一部となっています。

おでかけ大好き

引用元:ウィキペディア

そのほか富山の土地がもっている4000メートルの高低差に合わせた展示を行っていています。富山湾の深海生物を展示しているコーナーは真っ暗で照明も最小限!深海の雰囲気たっぷりの中で、富山湾に生息するゲンゲなどの魚を観察することができます。

また、富山の海だけではなく河川、田んぼにすむ生物が展示されています。田んぼがテーマのコーナーでは魚だけでなくカエルなど富山の自然豊かな様子を再現されているのも魅力ですね。

いずれのコーナーでも自然多き「とやま」の姿を体感することができます。

日本初のアクリル製トンネル水槽を体感!

今となってはアクリル製のトンネル水槽は珍しくないですが、魚津水族館のアクリル製トンネル水槽は日本で初めて設置されたものです。

おでかけ大好き

引用元:魚津水族館

こちらは魚津水族館のメイン水槽となる富山湾水槽の一部になっていて、富山県を代表する魚ブリの群れが泳ぐ様子を間近で体感することができます。このアクリル水槽では1日4回のお食事タイムがあり、ダイバーがブリクエなどの大型魚に餌をあげる様子を見ることができますよ。アクリルトンネルの規模は決して大きくはないですが、迫力満点です!

おでかけ大好き

引用元:魚津水族館

水槽上部の真ん中に貫かれた支柱と半月状の支えの鉄骨があるその姿は、全国では歴史あるトンネル水槽の証であり、全国でも類を見ません。ぜひ、富山湾の生態系とともに水族館の歴史を感じてみてください。

ゴマフアザラシの赤ちゃん「ハル」

「うおすい」では、水族館の人気者ゴマフアザラシが4頭飼育されています。

2015年3月19日にはゴマフアザラシの「まちこ」が赤ちゃんを出産しました。うおすいでは24年振りの赤ちゃん誕生

スポンサーリンク





「ハル」と命名されたこの赤ちゃんが今、大人気です!

珍しいウマヅラハギのお魚ショーも必見!

水族館でアシカやイルカのショーはよく聞きますが、魚津水族館ではウマヅラハギがお魚ショーを見せてくれます。日本でウマヅラハギのショーを見ることができるのはここだけです。

おでかけ大好き

引用元:魚津水族館

ちなみに、ウマヅラハギは平成20年にブランド化された魚津の名産品で食べても美味しいお魚ですよ。このウマヅラハギが輪くぐりを披露してくれるほか、イシダイが旗引きクイズをする様子などがみられます。単なる習性を見せているのではなく、きちんと調教してあることに驚きです。魚の学習能力の素晴らしさを知ることができます。子供よりも大人の方が夢中になってしまうかも。

このショーは1日5回行われていますので、魚津水族館を訪れた際にはぜひ見ておきたいですね。

もちろん子連れにも安心!無料ゾーンも!!

魚津水族館はほとんどがバリアフリーになっていてベビーカーでもスイスイと進むことができます。館内もコンパクトなので小さいお子様も歩いてみて回ることができますよ。もし疲れてしまった時にもベビーカーを無料で貸し出しているので安心ですね。もちろん授乳室なども完備です。

また、レストランも併設しているのですが1階では休憩所を無料開放しているのでお弁当を持って行って食べることができるのも嬉しいです。

そのほか、屋外にあるペンギンプールチョウザメイトウが一緒に泳ぐ円形水槽はどはいつでも無料で見ることができます。ペンギンプールではお食事タイムを見ることができますので、ちょっと立ち寄るだけでも楽しむことができますね。

魚津水族館
●住所:富山県魚津市三ケ1390
●電話番号:0765-24-4100
●ホームページURL:http://www.uozu-aquarium.jp/

スポンサーリンク