【野毛山動物園】は赤ちゃんの動物園デビューにも最適! 

おでかけ大好き

引用元:ウィキペディア

「野毛山動物園」は横浜港を望む高台、野毛山公園の中にある動物園です。公園全体の面積は9.6ヘクタール、そのうち動物園は3.3ヘクタールをしめています。広すぎることもないので、散歩コースとしても親しまれています。最寄りの桜木町駅よりは徒歩15分と、少々歩きますが、バスも出ているのでこちらがおすすめです。

大きな目玉となる動物は、ライオン、アムールトラなどで、ここにしかいないという動物はいませんが、日本に生息する動物が多く見られます。

おでかけ大好き

引用元:野毛山動物園

野毛山動物園は、昭和26年4月に開園しました。その2年前、昭和24年3月、日本貿易博覧会の会場に選ばれた野毛山公園に、クマ、キツネ、タヌキなどを3ヶ月にわたって展示したことが、動物園の前身となります。博覧会閉会後、インドゾウニホンザルなどの動物を新たに加え、改めて動物園として開園しました。

「誰もが気軽に訪れ、憩い、癒される動物園 小さな子どもが初めて動物に出会い、ふれあい、命を感じる動物園」がコンセプトの通り、園内には売店やカフェ、貸し出しベビーカーや有料ロッカー、トイレも多目的トイレ3カ所、オストメイト2カ所 おむつ買えシートは全トイレに完備されているので安心です。ふれあいコーナーや、イベントも開催しています。

野毛山動物園は動物園デビューにぴったり

おでかけ大好き

引用元:野毛山動物園

野毛山動物園には、名前の前に「ニホン」とつく動物がたくさん展示されています。ニホンツキノワグマ、ニホンアナグマ、ヒガシニホントカゲ、ニホンイシガメホンドダヌキ、ホンドテンなど。町の中にいるとめったに会うことはありませんが、これらの動物はみんな日本の野生で生きているものです。

おでかけ大好き

引用元:野毛山動物園

他にも、町中でも見ることができるマガモコガモをはじめ、家で飼育されているニワトリなども見ることができます。インドライオン、アムールトラ、シマウマレッサーパンダなど、よくテレビで取り上げられるような有名動物もちゃんといます。「動物園デビューにぴったりな動物園」と言われるゆえんでもあります。

ステファンジョセフ 女の子用アニマル大好き動物園リュック

おなかがへったらひだまりカフェへ行こう

おでかけ大好き

引用元:野毛山動物園

ひだまり広場にある、屋内休憩所ひだまりカフェでは、軽食を食べることができます。ドライカレーやチキンライス、ナポリタンやホットドック。お子様向けのキッズプレートは、チキンライスにハンバーグ、ポテトにかわいい動物のおもちゃがついてきます。

もちろんスイーツもあります。お店の名前が入ったひだまりワッフルは、ワッフルにアイスクリームが添えられたセット、動物のオリジナルイラスト入った、のげやまパンケーキなどがあります。キッズプレートとのげやまパンケーキは数量限定なので、ご注文はお早目に。

スポンサーリンク





お天気が良い日は、カフェの前に広がるひだまりカフェでのお食事もおすすめです。ひだまりカフェにはベンチもあるので、ひなたぼっこをしながらお昼を食べることができます。

動物を見てふれあって、入園料は無料?

野毛山動物園の入園料は無料です。ライオンを見てトラを見て、一回どこかで見てみたいと思うニホンアナグマホンドテンを見て、モルモットハツカネズミとふれあって、場合によっては動物のお誕生会などに参加しても無料なのです。

公園の一角にあるという立地もあり、ふらりと散歩の途中に入ることができます。見ているだけでおもしろく、癒される動物を気軽に見に行けるのは、とても幸せです。生き物から教えられることもたくさんあります。野毛山動物園のコンセプト、「誰もが気軽に訪れ、憩い、癒される動物園 小さな子どもが初めて動物に出会い、ふれあい、命を感じる動物園」、このような動物園が日本中、世界中に作ることができれば、人も動物もどんなに幸せになれるか、と思わずにはいられません。

横浜市立野毛山動物園
●住所:横浜市西区老松町63-10
●電話番号:045-231-1307
●ホームページURL:http://www2.nogeyama-zoo.org/

スポンサーリンク