【新江ノ島水族館】 相模湾ならではの多種多様な海洋生物が魅力!

スポンサーリンク


「新江ノ島水族館」は、片瀬江ノ島駅から徒歩3分、江ノ島駅から徒歩10分の位置にある水族館で、「えのすい」の愛称で親しまれています。相模湾の湾岸沿いにあり、オーシャンデッキからは富士山と江の島を見渡せるロケーション抜群の水族館です。展示施設、ショー施設、商業施設で構成されており、展示施設には魚類は600種約35000点、海獣類(ペンギン含)7種約50点を展示しています。

相模湾は南北の寒流・暖流両方からの影響を受けている上に、干潟から深海まで様々な環境が揃っている為、多種多様な生物が生息しています。

その特異な環境をいかし、この水族館では深海生物の研究や飼育も行い、深海生物に関わる様々な資料の展示も行っています。

館内で最大となる相模湾大水槽は、相模湾の自然に近い形を再現する為に波を発生させ、水深が深くなるにつれて生息する魚の種類も変わっていく様子まで観察出来るように工夫されており、大群で泳ぎ回る約8000匹のマイワシの姿が見所となっています。

その相模湾大水槽を中心とした「相模湾ゾーン」、球型水槽でクラゲが美しく展示されている「クラゲファンタジーホール」、謎の多い深海の世界の研究の成果や飼育展示を行っている「深海Ⅰ」など、立地条件を生かした独自性の高い展示を行っています。

また、前身の江の島水族館マリンランドの頃からバンドウイルカの繁殖に力を入れており、1959年には日本初の繁殖に成功し、以降継代繁殖を続け2012年には世界初の飼育下五世が誕生しました。

他にもイルカショーや、飼育員による魚の餌やりや解説をする「うおゴコロ」など来場者が楽しめるようなイベントも沢山用意されています。

料金は一般2100円、高校生1500円、小中学生1000円、幼児(3歳以上)600円となっています。

未知なる深海の謎に迫るディープゾーン

科学ではまだ解明しきれていない深海の世界を紹介する「深海Ⅰ~JAMSTECとの共同研究~」では、海洋研究開発機構(JAMSTEC)と協力し共同で日本初となる深海生物の長期飼育技術開発を行い、その研究の最前線を紹介しています。

5億年前から姿を変えていない”生きた化石”トリノアシ、大きい目と背びれの棘が特徴のフトツノザメ、真っ白で小さなゴエモンコシオリエビ、世界最大のダンゴムシの仲間ダイオウグソクムシなど、貴重な深海生物を飼育展示しています。

また、「深海Ⅱ~しんかい2000~」では、1982年から20年以上に渡って潜航を行い深海研究の多大なる発展に貢献した有人潜水調査船の「しんかい2000」を展示し、どのような研究をしてきたかが解る深海調査結果の歴史や深海に関する情報を紹介しています。

ストーリー性の高いイルカショーは必見

この水族館で行われているイルカショーは2種あり、毎日行われる「きずな」はイルカ以外にもアシカ、オキゴンドウが登場し、ジャンプや色々な泳ぎでやパフォーマンスで楽しませてくれます。

週末に行われる「ドルフェリア」では、飼育員が華やかな衣装を身に着け、イルカと交信出来る種族”アクアン”として登場し、イルカ達と一緒にパフォーマンスをする、ストーリー性の高いエンターティメントショーとなっており、2種共に人気の高いイベントとなっています。

イルカショーの後には、イルカとのふれあいタイムも設けています。

他にも相模湾大水槽の中の魚について飼育員が解説をしたり水槽内で魚たちと触れ合うパフォーマンスを行う「うおゴコロ」、幻想的で美しい3Dプロジェクションマッピングクラゲショーを見ることが出来る「海月の宇宙(そら)」などがあり、ユニークなショーが目白押しです。

「えのすい」でファンタジックなウェディング

館内の施設でウェディングやパーティなど、様々なイベント会場として利用することも可能です。

ウェディングではフォトウェディング、挙式、披露宴パーティを行うことができます。

フォトウェディングのプレミアムプランでは、イルカと一緒に写真を撮ることも可能で、ドレスも40着の中から選ぶことができます。

挙式ではドルフィンウェディング、クラゲファンタジーウェディングなど4種のプランが用意されており、披露宴では立食だと300名まで収容可能です。

その他にも、相模湾ゾーンでは大きな水槽を前に二次会や懇親会、幻想的な雰囲気のあるクラゲファンタジーホールでは小規模のパーティ、開放感のあるイルカショースタジアムでは800人収容で大規模なイベントも行うことが可能で、イルカショーの実演も行うことができます。

他の場所では味わえない、「えのすい」ならではの特別な思い出が作れそうですね。

新江ノ島水族館
●住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
●電話番号:0466-29-9960
●ホームページURL:http://www.enosui.com/

スポンサーリンク